読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Learning by Blogging.

経営学部で人材育成やリーダーシップ開発、キャリア教育について学ぶ大学5年生のブログ。

人は何かの役割を演じながら学んでいる!? 経験や学習の「リアルとリアリティ」を考える - Learning by 経験の棚卸し。

イベントレポート:「ゼミレンジャー2016~経験のリアルとリアリティを考える~」

12月17日(日)に今年で3回目となる、慶応・実践女子・東京都市同志社女子・法政・立教の合同ゼミワークショップ『ゼミレンジャー2016~経験のリアルとリアリティを考える~』に参加してきました。

今回も過去2回と同様、それぞれの大学から有志が運営チームを結成して企画運営を行い、当日は総勢80名を越える学生が会場である実践女子大学渋谷キャンパスに集まりました。

f:id:shumpeioe:20161218161022j:plain

ゼミレンジャーというイベントは、6大学合同ゼミを開催することで普段会わない他大学の学生と交流する中で、「身内ことば」、つまり、大学内やゼミ内で当たり前のように使われているけれど、外の人には意味が伝わらない言葉を使わず、自分の大学生活での経験をテーマに対話することをねらいにしています。

今年はその3回目の開催となり、経験や学習にまつわる「リアルとリアリティ」をテーマに、「〇〇っぽい」「役割を演じる」「背伸びをする」といったキーワードを手掛りにし、日頃の経験を振り返り言語化していくプログラムとなりました。

 

イベントでは、まずはじめにイントロダクションとして、立教大学の舘野先生と実践女子大学の松下先生からゼミレンジャーの趣旨と今年のテーマである「リアルとリアリティ」についてレクチャーがありました。

f:id:shumpeioe:20161218161028j:plain

続いて、参加者に対して、事前にあらかじめ伝えられていたドレスコードである「〇〇大学っぽい服装」を使って、「リアルとリアリティ」という一日のテーマへの導入と、参加者同士のネットワーキングを行いました。それぞれの大学の代表者が自分と同じ大学っぽい格好をした人を選んで集める、という活動です。

ちなみに、僕は、法政大学っぽい格好をした立教大生でしたが、東京都市大っぽい格好をした人として選ばれました。もう訳わからないですね。

 

その後、同志社女子チームと実践女子チームによるファシリテーション身体とリアリティのパートとプログラムは進みました。ゼミレンジャーではすっかりとおなじみになったgirls bandのパフォーマンスから始まり、彼女たちからは「まだまだできる、もっとできる」、「まずやってみる」というメッセージがありました。自ら舞台を作りながら、そこで自らパフォーマンスをするgirls band活動を通して、まさに「自作自演」の学習を実践しているgirls bandの言葉には説得力がありました。

身体とリアリティの関係に迫るパートは、参加者全員で「まずやってみる」のメッセージを体験するため、ラジオ体操の音楽に合わせて、テーマに合わせたそれっぽい動きを行う「リアリティ体操」に続いていきます。

リアリティ体操を通して、それっぽい動きを行う中で、「〇〇っぽい」という状態や様子はリアルになろうとする上でのプロセスであり、態度であり、アプローチとしてポジティブな意味でリアリティが機能しているという学びがありました。

f:id:shumpeioe:20161218161114j:plain

クリスマスをコンセプトにした装飾とそれぞれの大学っぽいという連想で用意されたお菓子を食べながらの休憩を経て、プログラムは後半に移ります。

後半最初のワークは、その名も「ぽいワークショップ」を通して、それぞれ参加者が所属している組織と個人に対して、外から見たイメージと実際の違いを写真を使いながら明らかにしていきました。

組織のイメージと個人のイメージ、組織のイメージとその実際、個人のイメージとその実際、それぞれがどの程度合致しどの程度ギャップがあるかを把握することで、自分が日頃、無意識に何かの役割を演じている、ということに気付くことができました。

f:id:shumpeioe:20161218161258j:plain

見学に来てくださった、アパレル企業で人材開発を担当されている方も、「私の会社でも同じことが起こっている。店長という役割を演じて、スタッフにフィードバックをしたり、店舗の目標達成にコミットしている。厳しいことを言われても、それが100%、その店長の人間性のリアルだと思わないでほしい。」という趣旨のことを、懇親会で仰っていたのが印象的でした。

その後、教員陣によるトークセッションを質問に対して○×で答えながら、その回答の意図を説明するという形式で行いました。トークは先生としての振る舞いやゼミの運営上の悩み、学ぶことや楽しむことなど、様々なテーマに拡がっていきました。こちらは法政チームの企画・ファシリテーションです。

f:id:shumpeioe:20161218161332j:plain

最後は、慶応チームによる参加者同士のリフレクティブダイアログと同志社女子、実践女子の制作チームによるリフレクションムービーで一日を締めくくりました。

 

個人的には、これまで3年間このイベントの運営に関わらせて頂いてきた中で、今年が1番楽しめ、学ぶことが多かったと思いました。特に、girls bandからのメッセージにあった「まだまだできる」にはパワーを貰いました。

僕が今回、経験や学習の「リアルとリアリティ」というテーマを通して考えたことは、リアルな何かを目指している最中の一杯いっぱいの自分、すなわち、リアルな自分を引き出す環境設定をすることが学習環境デザインを考える上で大切だということです。

自分はチャレンジをしているか、背伸びの経験を積み重ねてこられただろうか、最近は背伸びをしているのか?と考えさせられる機会でした。

f:id:shumpeioe:20161218163001j:plain

2017年は、自作自演でどんどん学んで、成長していこうと思います!

"As long as you keep on learning, you are a winner."

 

▽当日のツイートをまとめたtogetterです。

▽今回のイベントの参加大学・ゼミの関連書籍です。

アクティブトランジション 働くためのウォーミングアップ

アクティブトランジション 働くためのウォーミングアップ

 

 

プレイフル・ラーニング

プレイフル・ラーニング

 

  

キャリア教育論:仕事・学び・コミュニティ

キャリア教育論:仕事・学び・コミュニティ